相談室(ブログ)

どんなカウンセリングを選べばよいかわからず、前に進めません(40代女性)

2020.09.13

(質問)
40代女性です。不安、落ち込み、イライラ、頭痛、めまい、物忘れ、などに悩んでいます。
一番きついのは、自己をコントロールできなくなり他人に危害を加えたりしたらどうしようと毎日悩んで疲れます。
きっかけは18年前です。不安の型が徐々に変化し現在は加害恐怖症、うつに悩んでいます。
身体的にも精神的にもつらくて、何度か心療内科にも行きましたが、薬に依存して日常生活に支障が出たら嫌なので抵抗があって飲めません。先生と話しても、そこでも求められている自分で診察を終えてしまいます。
毎日体調が悪いか気持ち的に病んでいて、カウンセリングをしたいとおもっています。
ネットで毎日検索するのですが、治療法にもたくさん種類があり自分にあった治療法がわからなく疲れて毎日が終わります。いろいろ試せればよいのですが、怖いし、家族にも話していないので金銭的にもあまり余裕がない
し、こじらせて悪化したら困るしと堂々巡りになってしまいます。

(回答)
臨床心理シランの室です。
心中お察しします。当室には、かつて心療内科を受診されていた方がよく来談されます。「心療内科では薬治療のみで改善しなかった」「もう20年近く、心療内科を転々としているが改善しない」など…あなたの持つ悩みに近い状態のようでした。うまくいかない治療は心の病の悪化につながっています。

あなたが危惧されているように、薬物治療は一時的に症状を抑える効果はありますが、本質的な改善は見込めないと言われています。症状緩和に働きかけることと並行して、副作用があります。依存性がある薬が多いため、薬依存になり、病気が遷延化しがちになります。

自らの自然治癒力が発動するかどうかが根本的治癒のカギになります。自然治癒力の発動を阻害している心理・社会・生物的要因を取り除くことが大事になります。
それを可能にするのが心理療法になるのですが、あなたが言われるように、何を選べばよいかわからないのが現状のようです。

大事なことは見立て力です。正確な見立てがあって初めて、改善へのプランができるからです。
見立ては、人間を総合的に診なければできません。外科や内科では、レントゲンやMRI、CT、血液検査などをし、正確な分析をし、症状を正確に見立て診断しようとします。
まして分析不能な見えない人間の心を診るわけですから、いくつかの心理検査は最低限、必要なものです。問診だけで、その人の人生経験全体を背負っている心の病を診るのは無理なことでしょう…。

あなたを初診で診断された方の見立てが正確でなかったのかもしれません。今日まで引きずっているようですから…。まるでボタンの掛け違いのように…。
心を病む人にとって、症状にあった専門のカウンセラーを選ぶことが大事です。

間違いのない、いいカウンセラーを選ぶ条件としては、以下の項目を確認してみるとよいでしょう。
1 カウンセラーの資格 2 経歴、経験  3 専門性  4 カウンセラーの人間性 5金額   6 場所   7 カウンセリングルームの雰囲気やスタッフなど

1 心理カウンセラーとして、どんな資格をもっているのかを確認する。
臨床心理士…民間資格ですが知名度、信用度とも高い資格です。大学院で所定の心理学や実習を終え卒業した翌年に受験資格が得られます。スクールカウンセラーや心理職の採用求人の心理資格としては、臨床心理士(公認心理師)以外はほとんどありません。病院、学校、福祉分野では、臨床心理士(公認心理師)以外の資格を認めていないといってよいでしょう。

2  心理職として、どんな経歴、経験、実績があるかを知る
心理職としてどんな経歴や経験があるのか、どこに勤め、どんな仕事をしてきたのかなどが一つの基準になります。
某県の臨床心理士会の規定では、開業カウンセラーは、臨床経験7年以上とあります。倫理性やカウンセリングの責任を考えると、そのくらいの経験は必要だと思います。

3  カウンセラーの専門性・得意な心理療法を知る
心の病は多岐にわたっています。心理療法の専門性を大きく大別すれば、以下の三つになります。
来談者中心療法  …広く浅く悩みや心の病に対応。
精神分析 …フロイトの神経症治療から始まった、神経症に適切な治療法。
認知・行動療法…うつ、不安、パニック、対人恐怖、トラウマなどに対応。
また、日本で生まれた森田療法…神経症(対人恐怖・強迫性障害)、うつなどに効果的

やはり歴史があり、研究実績があり、治療実績(エビデンス)の高い著名なものを選択するほうが間違いは少ないと思います。
4  カウンセラーの人間性を知る…誠実、奉仕の心、向学心、公平さなど
カウンセリングが人と人の関係の営みである以上、カウンセラーとクライエントの関係は症状の改善に大きな影響を与えます。
ネット上で、プロフィールや考え方、人間観などの欄を参考にするのもよいと思います。

5金額
理想は安くて質のよいカウンセリングです。しかし、実際はなかなかそんなカウンセリングルームには出会えないかもしれません。

6  場所…通所しやすいところがよい。
カウンセリングは稀に初回で終わるものもありますが、通常は3~30回かかることが多いです。長く通所することを考えれば、やはり通所に便利な近いところがよいでしょう。

7  カウンセリングルームのスタッフ…できれば男女二人以上がよい。

あなたの症状からすると、認知行動療法を専門とする臨床心理士のいるカウンセリングルームがよいと思います。森田療法もお勧めですが、通所でのカウンセリングをしているところが、少ないようです。ネットで検索されてみるとよいと思います。